• MLS

日本未病学会 27回 学術総会 

日本未病学会27回 学2020年10月31日(土)~11月1日(日)


会長:飯島 勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構 教授)


この度、COVID-19の影響を鑑みて、第27回日本未病学会学術総会について

様々な開催の形式を模索して参りましたが、インターネット上でのオンライン

開催とさせていただくことに決定いたしました。(総会運営本部)


機能性食品部会 シンポジュームでは


・シンポジウム6『未病対策に役立つ機能性食品の安全性と役割』


座長: 長岡  功(順天堂大学保健医療学部 特任教授/順天堂大学医学部 医学教育研室 (併任)/順天堂大学大学院医学研究科生化学・生体防御学 名誉教授)             赤沼 勝美(NPO 法人 未病リサーチスクエア協会 事務局長)  


【演題】

SY6-1 サプリメント形状の機能性食品の安全性と品質管理

○池田 秀子

一般社団法人 日本健康食品規格


SY6-2 「機能性食品の安全性」~安全とは?安心とは?フードテロとフードディフェンス~

補:質疑応答例

○椛島 拓之

フロンティア食品技術研究所



SY6-3 機能性食品市場の現状と今後の展望

○長谷川 光司

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 健康産業新聞


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■機能性表示届出可否の事前調査 候補となる関与成分および表示予定機能の組み合わせから、文献データベースの該当論文を検索/精査し届出可否の可能性調査を実施いたします。その上でシステマティックレビューや届出資料の作成に係る費用を算出/御見積を発行させていただきますので、ここまでに係る費用はご請求の対象外となります。 ■届出資料の差戻し/修正について 当社では消費者庁に届け出る際の『届出資料』の作成も併

大手販売会社様の研究レビューをサポートさせて頂きました。 ご依頼頂く案件により変動がございますが、受託から申請まで約1ヶ月半~2ヶ月で実施も 可能です。 ※申請の注意点 申請内容に不備などが発生し、差戻が増えているようです。 差戻された場合は、販売している食品も状況によりストップとなりますため メーカー様の負担が大きくなりますので注意が必要です。 弊社では、専門知識を有した担当者と研究者などと連携

システマティックレビュー(SR)作成、申請  機能性表示食品 申請書類の作成・申請サポートいたしております。 論文調査の専門研究者が数名で対応し、高品質と時間や価格を低減しサービスを 提供させて頂きます。 ・関与成分の論文(根拠)事前調査 ・SRの作成 ・申請書類の作成、届け出サポート 臨床試験 食品試験では現在、免疫・認知・体脂肪などの試験が増えております。 免疫は大手メーカー様の試験経験者も在